2022年じじった〜空間認知能力

5年目に突入しました。
早稲田がいない初投稿は寂しい

20220123空間認知能力
ラグビーセンスって空間認知能力にあらわれる。どういうストラクチャーになっていてどこにスペースがあるのか、キックも考えれば縦横高さの察知能力となる。

20220123キャノン対パナソニック
先週サントリーについて書いたがレベルの高い試合である。あたりも激しくプレー精度も高いのでラグビーの魅力が大きく伝わる試合である。ターンオーバーからのアンストラクチャーへの反応も素晴らしい
動きもダイナミックで手に汗握る試合

20220116サントリー
サントリーは反則級のメンバー
ケレビとダミアンマッケンジーの13番、15番って二人で崩してる。
流、田村、中村、中野、尾崎とバックス凄すぎる。控えも齋藤もいて見ててテンポがスーパーハイテンポでホントにラグビーを楽しく見させてもらえる。昨日のキャノンもそうだけど大学のスクラムにずっと時間がかかっていたじりじりとした試合を見ていたのでよりスピーディーな試合に感じる

20220109 スクラム
今日の明治大学と帝京大学の決勝でもスクラムの優劣がはっきりしていた。互角に安定して組むということが出来ない大学選手権であった。スクラムの時間組み直しやペナルティー含めが長くて間延びしてしまうことが多かった。スクラムにこだわるのは良いがそこで優劣がつきすぎるのはラグビーの魅力とスピーディーさを削いでしまうように感じる

https://www.xdomain.ne.jp/

20220108 決勝戦メンバー発表
明治はほぼ年間通して同じメンバーで戦ってきている。
帝京は細木君が復帰して盤石か。
勝負はスクラムの優劣になるであろう。
ただスクラムの時間が長くなる傾向になるのでスピーディーな試合に期待したい。