2019 早稲田対帝京結果

すみません。

諸事情によりアップ遅れそうです。

メンバー発表

中野君は怪我か。ただ、中西君は成蹊戦動きがよかったので楽しみである。イングランドや日本のダブルスタンドオフのように。昔清宮早稲田では曽我部君が12番に入って自由自在に動かしていた時期があった。早稲田のバックスの展開ラグビーはいろいろなバリエーションがあって楽しみである。
グーペ

早大A
1.久保(3)
2.森島(4)
3.小林(2)
4.中山(4)
5.三浦(4)
6.相良(1)
7.幸重(4)
8.丸尾(3)
9.齋藤(4)
10.岸岡(4)
11.古賀(3)
12.中西(2)
13.長田(2)
14.安部(3)
15.河瀬(2)
16 中野 幸英 (4)
17 横山 太一 (2)
18 阿部 対我 (2)
19 大崎 哲徳 (2)
20 柴田 徹 (4)
21 河村 謙尚 (2)
22 吉村 紘 (1)
23 梅津 友喜 (4)

早稲田はここからより強敵との試合となってくる。

帝京には夏合宿でも勝利していて、力は正直早稲田の方が上であろう。

帝京は早稲田が大勝した筑波に辛勝、あまりこういったことは参考にならないが、帝京のゲーム内容は良くなかった。

ラインアウトが安定せず、アタックもフォワード一辺倒で一昔前の帝京に戻ってしまった印象。尾崎君、奥村君、木村君、マッカラン君と役者がバックスにも揃っているなかどこかちぐはぐな戦いであった。次は北村君も先発だと思うので多少は改善されるであろう。

早稲田としてはフォワード戦で圧倒したい。出来なかったとしてもディフェンスがしっかりしていれば、相手フォワードの突進はそこまで恐くない。とはいっても自陣で帝京にボールを持たれてゴリゴリされるのは嫌なので、岸岡君のキック、もしくは、十八番の展開でエリアはとっていきたい。岸岡君のゲームメイクは、上級生になり見違えるほどになってきているので、心配ないとは思うが、不用意なキックから奥村君、木村君、尾崎君辺りに走られる展開は避けたい。

夏合宿試合結果記事

夏合宿 早稲田対帝京 結果

2019年6月16日早稲田対帝京 速報