2019年6月9日早稲田対明治結果

【所感】
・非常に両チーム激しい試合。

・ディフェンス
いつものパターンでスクラムトライやフォワードゴリゴリで押しきられるトライというよりは、バックスでとられた。裏を返せば密集サイドのディフェンスやゴール前ディフェンス、ラインアウトディフェンスは反則せずに粘れていた。山村君や雲山君に走られてトライを失った。今日は自陣からの脱出をキック選択する場面が多かったが、本来の早稲田のバックス陣であれば、展開で脱出も十分考えられる。
今日はキックをしたあとのディフェンス整備などの部分で攻めこまれ失トライ。

・スクラム
スクラムの度にペナルティーやフリーキックをとられていた印象。早稲田一番側が毎回押し込まれほぼすべてのスクラムが回ってしまっていた。レフェリーとのコミュニケーション、8人のまとまりでなんとか試合中に修正できないか。スクラムだけは何度みてもメカニズムがよくわからない。

・アタック
河村君、吉村君はよく頑張っていた。
中野君が交代してからは、なかなか各選手インパクトあるランができなかった。丸尾君も今日は鳴りを潜めた。加藤君、梅津君も随所に顔を出せていたが、もう少しインパクトを、平井君縦に強く目立っていた。ここは、メンバーが戻ってきたら自陣からの展開ももう少し、クリエイティブな組み立ても見られそう。
・ラインアウト
これまでと違い、プレッシャーを受けて乱れる場面があった。森島君が代わってからとくに乱れた。

【試合速報】
明治キックオフで試合開始。
吉村君蹴り返し、明治自陣で展開からつなぎトライ。
7-0

早稲田キックオフを明治蹴り返し、吉村君ナイスキックで明治ゴール前いくも、ラインアウトで早稲田ラインアウトを崩しペナルティー。チャンス逃す。

ハーフウェイラインからラインアウトで展開もノッコン。ファーストスクラム。
少し押されぎみもボールが出てしまい継続。

その後、蹴りあいで早稲田ハーフウェイラインアウトで再開。梅津くん抜け出してゲイン明治ゴール前もノッコンもしくは、スローフォワードで明治ボールスクラム。スクラムで早稲田ペナルティー。
ハーフウェイラインのラインアウト、完全にノットストレートも笛はなく、大外の山村君走りきりトライ。
12-0

幸重君早くも交代。

スクラムはしっかり塊になっているが、回ってしまって、押されてもいるので、これから修正できるか。

ハーフウェイライン付近の攻防から、フェーズを重ね、中野君が抜け出す、オフロードパスが加藤君に渡り、走りきりトライ。
12-7

今日は中野君13番か。

キックオフ後のボール展開も早稲田スローフォワードで、早稲田陣でスクラム、アドバンもらいながら明治早稲田ゴール前もギリギリで誰か確認できなかったが上手くボールに絡みピンチ脱出。

平井君が低くいいタックルに入れている。

ハーフウェイライン付近の早稲田ラインアウト。明治に絡まれるも直ぐに押し出し。再度早稲田ボール。
その後展開もノットリリースザボール。
早稲田ゴール前ラインアウト。

明治激しい。それ以上に早稲田激しく。中野君の強烈タックルからターンオーバー。その後蹴りあいで、早稲田ハーフウェイ付近のラインアウトも展開したタイミングでターンオーバーされる。
中野君も交代。強烈タックルで脳震盪か。

春から試合が激しすぎる。お互いのプライドのぶつかり合い。

阿部君も代わり3人目の交代

スタメン含め早稲田次々に主力メンバー欠くもこれだけの試合が出来ることに、凄まじい成長を感じる。どこまでもつか。前半でこの内容は試合がタフすぎる。

ハーフウェイ付近の早稲田スクラムからボールを出し、吉村君のグラバーキックで一気にゴール前もグランディング出来ず。早稲田5メートルスクラムから連続攻撃もターンオーバーされる。

明治蹴り出したあと、再度早稲田ラインアウト。早稲田展開もノッコン。
明治陣内での試合が続くも大きなゲイン出来ず。
明治陣でノッコン。ペナルティーも明治が蹴りだして、前半終了。

7-12

平井君の縦の突進。吉村君の緩急のあるゲームメイク、裏へのキック、梅津君や加藤君のラン、そして、全員の気迫溢れるタックルとしつこさ、素晴らしい内容。

おそらく前半だけで満身創痍であると思うが、後半どこまで明治についていけるか。力尽きずに終盤までいけるか。

早稲田キックオフで後半開始。
前に出てのタックルができている。
フォワード陣頑張れている。

ここで森島君も交代。
今後が非常に心配。

早稲田ノッコンから明治スクラム。
早稲田ペナルティー。

明治ラインアウト乱れるもキープ。
その後、明治ノッコンで早稲田吉村君ショートパントで脱出試みるも早稲田もノッコン。明治もゴール前でノッコン。明治スクラムでペナルティー、早稲田脱出

お互いミスが出てくる。

早稲田ノットストレート後のスクラムから継続でトライ。もったいない。

19-7

早稲田キックオフからお互い攻防。お互いミスが出ながらも好守が目まぐるしく変わる。

53分
ハーフウェイ付近の明治ボールスクラム。またも回る。スクラムはこんなに回るものか。久保君側が押され回る。

久保君も交代。
久保君が変わっても全くおなじように回る。真っ直ぐ押してもそうなるものなのか、スクラムのメカニズムみたいな本を誰か書いてほしい。早稲田ペナルティー。

明治ラインアウトから連続攻撃。
明治ノッコンで早稲田ボールも蹴りだすのが精一杯。

明治ラインアウト。
明治ノッコンで早稲田スクラムも早稲田アーリプッシュ。明治スクラムで早稲田ペナルティー。明治ラインアウト。

明治モールも崩れフォワードゴリゴリもオブストラクション。

早稲田ボール22メートルラインラインアウト。なんとかキャッチ。
前節までのような、自陣からバックスで一撃出来るような力はこの試合はなさそう。吉村君苦し紛れのキックを明治11番一気にゲイン。完全に崩され明治トライかと思われたが、加藤君一か八かの飛び出しでインターセプトそのまま走りきりトライ。加藤君足がつっている。

19-14

早稲田キックオフ後、明治連続攻撃でトライ。早稲田ディフェンスラインに綻びが出来はじめる。一番きついこの時間帯で吉村君がキックをすることで明治のバックスにスペースを与えた状態でディフェンスは難しい。

24-14

キックオフのミスからセンタースクラム。ペナルティー、アドバンからまたも雲山君に走られトライ。
29-14

雲山君正面も外す。
キックが全く入らないので点差はそこまで広がらない。

桑田君も入っているもののノッコン。

75分
明治ノットリリースザボールから明治陣に入り、早稲田ラインアウト。
早稲田ラインアウト乱れて、なんとかキープもノッコン。ラックサイドの攻撃が上手くあっていない。

そのまま両チーム効果的な攻撃が出来ないまま試合終了。

29-14

【メンバー】
柴田君はやはり怪我か。齋藤君、岸岡君、下川君、古賀君、桑山君、中西君、長田君、河瀬君、小林君と名前がない。

三浦君の前の試合のコメントに教育実習や就活しているとあったが、教育実習は高校であれば3週間程あるので、しばらくは戦線離脱となりそう。
就活は、古賀君や下川君あたり、去年の中野君や齋藤君のように出稽古もあるか。
U-20組は、長田君は代表で、河瀬君、小林君は休養か。

ただ、今年は選手層もあついので、フォワードは幸重君、丸尾君を中心に、バックスも下級生からAチーム、Bチームで出ている上級生なので、上記のメンバーと同等の活躍を期待している。
そして、そのつなぎ役に選ばれたのが若いハーフ団。河村君、吉村君がどのようなゲームメイクをしていくか、非常に楽しみである。

ベストメンバーではないかもしれないが、Aとして十分に戦えるメンバーが揃った。

明治フォワード相手にどれだけ前8人が頑張れるか。



早大
1.久保(3)
2.森島(4)
3.阿部(2)
4.中山(4)
5.星谷(3)
6.沖野(4)
7.幸重(4)
8.丸尾(3)
9.河村(2)
10.吉村(1)
11.加藤(4)
12.平井(3)
13.中野(4)
14.安部(3)
15.梅津(4)
16 木下 隆介 (3)
17 中野 幸英 (4)
18 土田 彬洋 (3)
19 桑田 陽介 (2)
20 増原 龍之介 (4)
21 藤浪 魁 (4)
22 高木 樹 (3)
23 南 徹哉 (3)

明治も山沢君、坂君がいない。

1 安昌豪
② 武井日向
3 笹川大五
4 片倉康瑛
5 箸本龍雅
6 佐藤諒
7 繁松哲大
8 辻惇朗
9 飯沼蓮
10 花村海斗
11 山﨑洋之
12 齊藤大朗
13 石川貴大
14 山村知也
15 雲山弘貴
16 三好優作
17 葛西拓斗
18 新妻汰一
19 武内慎
20 小澤翔
21 竹ノ内駿太
22 小島昂
23 矢野湧大

【試合前】
春シーズン、メンバーを見ると入れ替わりもあり、万全とはいえないなか、選手層も厚くなり、良い試合が続いている。

今週の明治と来週の帝京は大一番となる。
特に、明治は充実しており、現段階でナンバー1である。

その明治にどれだけ戦えるか。欲を言えば齋藤君にも戻ってきてもらいガチンコの勝負が見たいところ。
長田君はTIDキャンプに選出されているので、代わりは中西君か。