2019 早稲田対帝京結果

結果追記しています。

https://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/16861489.5884108d.15234fd6.d1e0d17e/?link_type=hybrid_url&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJoeWJyaWRfdXJsIiwiY29sIjowLCJjYXQiOiIxMDMiLCJiYW4iOiIxNTY0NjEyIn0%3D

メンバー発表

中野君は怪我か。ただ、中西君は成蹊戦動きがよかったので楽しみである。イングランドや日本のダブルスタンドオフのように。昔清宮早稲田では曽我部君が12番に入って自由自在に動かしていた時期があった。早稲田のバックスの展開ラグビーはいろいろなバリエーションがあって楽しみである。
グーペ

早大A
1.久保(3)
2.森島(4)
3.小林(2)
4.中山(4)
5.三浦(4)
6.相良(1)
7.幸重(4)
8.丸尾(3)
9.齋藤(4)
10.岸岡(4)
11.古賀(3)
12.中西(2)
13.長田(2)
14.安部(3)
15.河瀬(2)
16 中野 幸英 (4)
17 横山 太一 (2)
18 阿部 対我 (2)
19 大崎 哲徳 (2)
20 柴田 徹 (4)
21 河村 謙尚 (2)
22 吉村 紘 (1)
23 梅津 友喜 (4)

早稲田はここからより強敵との試合となってくる。

帝京には夏合宿でも勝利していて、力は正直早稲田の方が上であろう。

帝京は早稲田が大勝した筑波に辛勝、あまりこういったことは参考にならないが、帝京のゲーム内容は良くなかった。

ラインアウトが安定せず、アタックもフォワード一辺倒で一昔前の帝京に戻ってしまった印象。尾崎君、奥村君、木村君、マッカラン君と役者がバックスにも揃っているなかどこかちぐはぐな戦いであった。次は北村君も先発だと思うので多少は改善されるであろう。

早稲田としてはフォワード戦で圧倒したい。出来なかったとしてもディフェンスがしっかりしていれば、相手フォワードの突進はそこまで恐くない。とはいっても自陣で帝京にボールを持たれてゴリゴリされるのは嫌なので、岸岡君のキック、もしくは、十八番の展開でエリアはとっていきたい。岸岡君のゲームメイクは、上級生になり見違えるほどになってきているので、心配ないとは思うが、不用意なキックから奥村君、木村君、尾崎君辺りに走られる展開は避けたい。

結果
岸岡君のキックで試合開始
帝京蹴り返したボールを岸岡君ハイパント。河瀬君のプレッシャーで帝京ノッコン。早稲田スクラム押し込み帝京コラプシング。
早稲田ペナルティゴールを狙い
3-0

北村君キックオフを蹴り返し、帝京連続攻撃、早稲田ディフェンスでノッコン。
帝京ボールスクラムから帝京自慢のバックス陣、北村君、尾崎君、木村君、奥村君と渡りタッチラインギリギリでトライ。ゴール外れる。
3-5

岸岡君、キックオフ。ゴロキックで相良君飛び込みサインプレー。そこから展開でチャンスも惜しくも安部君タッチラインを踏んでしまう。

帝京ラインアウトから蹴り返し、早稲田連続攻撃。河瀬君のビックゲインから、最後は長田君トライ。中西君の早くフラットなラストパスで相手をずらしトライ
10-5

帝京キックオフを蹴り返し、帝京キックで早稲田ボールも帝京ナイスタックルからターンオーバー。ゴール前アタックもオブストラクションでチャンス失う。

岸岡君クイックからスタートでチャンスも、古賀君裏への左足のキックがミスキックで逆にピンチ。ニコラスマッカラン(13番出血一時交代)の裏へのキックから最後は尾崎君キャッチでそのままトライ。ゴール外れる
10-10

岸岡君キックオフでお互い蹴り返し続く。キックキャッチから安田君突進を止めるもハイタックル。帝京ラインアウトノットストレート、スクラムコラプシングで早稲田一気に敵陣へ。

ラインアウトから展開、岸岡君のロングパスから古賀君ゲイン。さらに展開続け、最後は、丸尾君と古賀君ライン際で、丸尾君相手をひきつけてラストパス。古賀君走りきり、真ん中付近でトライ
17-10

帝京キックオフを蹴り返し、帝京ラインアウト。帝京ラインアウトから裏へキック、河瀬君蹴り出すだけ。
帝京ラインアウトから縦に続けて攻撃。
その後連続攻撃も早稲田ディフェンスの前にノッコン。

早稲田スクラムから連続攻撃も自陣でノットリリース。帝京、早稲田ゴール前ラインアウト。
ラインアウトミスで早稲田ボール。
その後ボールが渡る。

早稲田帝京孤立のところターンオーバーにいったが中山君横から入り反則。

帝京ラインアウト乱れるもラッキーバウンドで帝京サイドに、アンストラクチャーとなり、ショートサイドがあまり尾崎君とりきる。
17-17

岸岡君キックオフを蹴り返し、早稲田ハイパント、帝京ハイパント。早稲田自陣から展開も安部君のパスを尾崎君インターセプト。そのままトライ。
17-22

早稲田キックオフを帝京蹴り返し、早稲田ラインアウトから展開もノッコン。

プレッシャーもあるのか、早稲田にハンドリングエラーやペナルティが多い。また、ツキも帝京に傾いている。

スクラムで帝京、早稲田を押し込み、早稲田ペナルティ。ショット。
17-25

前半終了

帝京のブレイクダウンで絡まれるため、テンポが少し落ちている。

後半開始
帝京キックオフ。早稲田蹴り返す。
帝京は安田君をキャッチャーとして残しているので、長い距離を走って衝突してくるので、帝京ペースとなる。

帝京展開の中で、尾崎君ノッコン、そのボールを自陣から展開、そのまま取りきる。中西君、岸岡君のゲインがあり、最後は岸岡君ギャップをつきトライ。
24-25

帝京キックオフ。
早稲田蹴り返し、帝京ラインアウト。
フォワードゴリゴリ、尾崎君、北村君と下がっているため、バックスの力が落ちた。フォワード中心で帝京ペース。小林君ジャッカルするも流れの中でノッコン。帝京スクラム押すも、帝京反則でフリーキック。

帝京ラインアウト。安田君突っ込む。帝京ハイパントを古賀君ノッコン。帝京スクラムから展開。連続攻撃もノッコン。早稲田スクラムから岸岡君キックも、有効なキックにならず。

帝京ラインアウト、トンガタマをあて22メートル付近へ、そこからフォワードで前へ。外へも大きく振り、また、フォワード。帝京の連続攻撃続く。20フェーズ越える。グラウンディング出来ず、スクラム。帝京スクラムを押し込み、たまらず早稲田コラプシング。

スクラムからフォワードゴリゴリ続く。
最後は細木君トライ。
24-32

早稲田キックオフ
帝京蹴り返したボールを早稲田展開。
帝京ノーボールタックル。早稲田敵陣へ。ラインアウト。ここではじめてラインアウトモール。アドバンテージもらい、バックスも入り押し込むも早稲田モールがちぎれオブストラクション。アドバンテージに戻り再度ラインアウトモール、その後崩れるも相良君トライ。
29-32

キックオフ後、タッチキック。帝京ラインアウトで展開もノッコン。
早稲田ボールスクラム

早稲田展開の中で帝京反則。ノッコンやペナルティなど、勝っている帝京としては痛恨。岸岡君のロングキックで一気に敵陣マイボールラインアウト。連続攻撃。
相良君、中山君で抜け出し、小林君も前に出る。

帝京早稲田のラックでのフォローが遅れたところターンオーバー、取ったボールを後ろに回そうとしたところ帝京ノッコン。

スクラムから展開で素晴らしいアタック。よく齋藤君見えておりトライ。

齋藤君のコメント曰く、この1つ、2つ前のプレーで外に回ればトライのところで、なぜか小林君に渡り、そこで小林君が突っ込んでしまったと。下記の写真をみると岸岡君と中西君があまっていた。ただ、小林君のそのようなフィールドプレーでの積極性が強みであり、その積極性が最後のトライに繋がったのも確かである。どちらにしろ逆転するべくして逆転となった。

早稲田はミスが多く、帝京にやられたくないことをやられてしまった。さらに、前半ラッキーバウンドが帝京に転がった。尾崎君のインターセプトなどもあったが、完全に崩されたわけではなかった。そんな中でも勝ちきれたのは、実力差がやはりあったのだと思う。

これからこの差をもっと離していけるように、また、さらに上の相手明治にもしっかりと勝ちきれるように、さらにステップアップしていってほしい。

桑山君、中野君がいない中、中西君の活躍は素晴らしかった。

夏合宿試合結果記事

夏合宿 早稲田対帝京 結果

2019年6月16日早稲田対帝京 速報